2007/07/14

収納上手なキッチン

キッチンにあるもの。



捨てられない食器。何年も使っていない調理器具。記念でもらったグラス・・



なかなか整理整頓できないものがたくさんあります。お宅の収納スペースは活用できていますか?無駄な空間はありませんか?









ふと見れば、食事をするテーブルの上、カウンターの上にキッチンペーパーやボールが置きっぱなし。「とりあえずここに」     これではいつまでも片付きません。



キッチン収納のポイントは、これはここに。あれはここに。



指定席を設け「とりあえず収納」を避けることです。





今回のリフォームでは、お客様がお菓子作りが好きだということで調理台を考案。



設計した社長と私とで使い勝手を検討しました。





Rimg0039_1













現在のシステムキッチンでは当たり前のようになっている「引き出し」ご存知の通り、奥まで物が入れられます。



調理台の下にある引き出しはすぐ道具が引き出せます。中は、掃除しやすい素材。手元にはコンセントを設置。



取っ手は、邪魔にならないようすっきりとしたデザインにしました。またパンチング素材を使用した通気性のある野菜BOX(一番下の段)冷蔵庫に入れない にんじんやジャガイモを収納します。



写真(右側)はダクトボックスが隠れています。調理時に引き出して使用。4種類分別フタ付ゴミ箱が納まります。



Rimg0108



キッチンにあわせた食器棚



壁付けに設置、調理台上部分やデッドスペースもすみずみまで利用できます。



システムキッチンは、サンウェーブPITTO



IHクッキングヒーター





Rimg0086



スライド式扉



上部までたっぷり収納。物が見渡せるのでどこに何があるか見つけやすい。









Rimg0070





扉を開けたところ



A4サイズの本が入る奥行き







Rimg0039_3



冷蔵庫スペースを確保し納めました。











Photo_2 







リフォーム前





Rimg007222_3 





リフォーム後











リフォームでトータルコーディネイトできるのは、やはり既製品ではなせない造作家具の強みだと思います。シンプルで飽きないかついつまでもキレイにお使いいただければと願っております。



見せる収納も素敵なのですが、キッチンは、いつの間にか油が飛び、ホコリに付着すると落ちにくくなります。できるだけ、清潔感を保つためにも隠す収納をおススメします。